主婦でも借りられるケース

主婦の方が、キャッシングをしようと思った時には様々なハードルを乗り越えなければなりません。主婦の方でも突然の支出が発生して、まとまったお金が必要になるケースは多くあるのが現実です。

 

そこでキャッシングを行いたいのですが、借入れを行うのにも当然条件が必要です。

 

まず借入れを行う際は、収入があることが前提になる貸金業者が多いです。そのハードルを乗り越えることも大変ですが、その他の条件として旦那の承諾を得ている必要があります。

 

キャッシングをするためには、主婦にも安定的な収入がなくてはいけません。できれば旦那に話しもしておいた方がよいでしょう。

 

もちろん旦那に黙って借りることができるのですが、自分の不注意で明らかになることも少なくありません。

 

そもそも、旦那に黙って借入れをしようとすることが良くないことです。出来れば旦那としっかりと相談をした上で借入れを行うか、行わないか決めましょう。借金は夫婦間のトラブルの元になります。慎重に意思決定を行うべきでしょう。

 

ちなみに銀行からの借り入れなら専業主婦でも借り入れが可能な場合があります。これは銀行からの借り入れは総量規制が及ばないので年収の3分の1以上は借りれないというルールが銀行には適用されないためです。

 

ただし、収入が全くないのに借りるということは、夫の稼ぎで返済するということになります。当然、夫の収入などが審査の重要な基準になってきます。良好な夫婦関係のためにも、可能であれば事前の相談をしておくべきですね。